モチベーションについて

やる気に関する驚きの科学」からの引用です。サム グラックスバーグという科学者が、ロウソクの問題(図の中にあるものを使ってローソクを壁に立てる方法を考える)を使った実験を行いました。被験者を2つのグループに分けて、1つのグループには「この種の問題を解くのに一般にどれくらい時間がかかるのか、平均時間を知りたいのだ」と言って取り掛かってもらいます。もう1つのグループには報酬を提示したのです。上位25パーセントの人には5ドルお渡しします。1番になった人には20ドルです」結果は、報酬を条件にしたグループは3分半、余計に時間がかかったのだそうです。


報酬によって、思考は鈍く、クリエイティビティは阻害されたのです。この実験の興味深いのは、参加メンバー、実験の時期に関わらず再現されるということです。ということは、「これをしたら これが貰える」というやり方は、多くの作業ではうまくいかず、時には害にすらなるということです。ただし、成功報酬という動機づけがうまくいったこともありました。それはパズルような簡単な問題でした。


私は、この実験の仮説の通り、お金がすべての行動の動機になると思っていました。ミスには罰金、成功には報奨金です。私が元々持っていた考え方に、武蔵野というダスキンを中心にした経営をされている小山昇さんの本を読んで、確信を得たようなところがありました。

小山さんの本には


●お客様が来た時に立って挨拶をしないと罰金

●早朝勉強会やサンクスカードなどやってほしいことに参加するとポイントが貯まり、50ポイントで報奨金

●禁煙に成功すると手当

●環境整備で優勝したチームはラスベガス

●メールを使わせるために、給料明細をメールで送付

●インターネットに慣れるために、会社のパソコンで私用(エロ)OK


とお金や人の願望にフックをかけて、社長の思うことを従業員さんに実行させていることを面白おかしくまた上手に書かれていました。


後になって、これは表面的な部分をみていただけで、間違えた考えであることにが分かりました。小山さんのところで学んだ人に聞きますと、これだけのことをやるには、従業員さんと社長が仲良くないとできない。普通は反発する社員が出てくる。と言われました。

実際、小山さんは毎週社員さんと飲み会をしています。サンクスカードというお礼のはがきも毎日書かれています。幹部社員とは月に一回、一緒にタクシーで出勤して30分間話を聞くなどコミュニケーション量が多いです。また、学びに来ている社長には、会社は社員のおかげ、社員を大切にしろ、社員さんと関係性を良くするように!とことあるごとにアドバイスされているそうです。


小山さんの本では、面白おかしくお金で社員さんを釣っているように書かれていますが、それが冗談として通じるほど、人間関係が従業員さんとできているのだと思いました。

当社というと、花見や流しそうめん、おでん、社長のさらめしなど季節ごとにいろんな企画をして従業員さんと人間関係を作ってきたつもりでしたが、何人もの方が辞めていきました。社長、会社に魅力がなかった証拠です。


良く考えてみると、特別な企画はある意味報奨金と同じですね。こんなことだけで人間関係が良くなれば、ラッキーですね。普段からこちらから積極的に声掛けをしたり、相手をよく観察して対応をしたり、相手を思いやったり、大切にする行動を増やしていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

人も減価償却する

今年は、本(小冊子)を書くことを重要課題としています。文章を書く技術を上げようと昨年からライティングセミナーを受講しています。毎週2000文字の文章を書く課題が与えられます。課題に対して添削をしていただけます。以下は、6回目にしてようやく合格した文章です。 「機械だけじゃなくて、人も減価償却するんだよ!」と経理の勉強をしているときに経営の師匠が言いました。 減価償却という言葉が難しいうえ、人も減価

不適切な行動の対応

前回号で、原因探しがダメなのはわかった。それじゃ具体的にどういう声掛けをしたらいいの?という質問がありました。 まずは例で考えていきたいと思います。子供が兄弟が喧嘩をしていた時に、何でケンカをしたの?とお母さんが聞けば、「お兄ちゃんが殴った」「弟がおもちゃを取った」と言うかもしれません。これだと、どっちが悪いという裁判になってしまいます。そうすると悪い方になった方は、怒ってしまって、さらに悪いこと

原因探しとは自分が納得したいだけ

緊急事態宣言が延長されそうですね。現場を見てない方々の政策には思うことがありますが、言っても仕方がないことですね。 今回は「原因探し」について書いてみたいと思います。私の会社は在庫を持たない卸会社で、すべてメーカーからの直送になります。お客様からの注文を仕入先に連絡するのが主な業務になります。事務員さんが、仕入先に商品を発注する際に商品番号の転記間違いを何回かしました。事務員にさんに「どうして同じ

©2020 by 伊賀忍者MG。Wix.com で作成されました。

伊賀忍者MG

518-0467

三重県名張市赤目町相楽371

株式会社 総本家 辻

​0595-63-2664