条件がそろえば同じことができるのか?

今回もライティングセミナーで合格した文章です。自白します。とうとうネタが切れました(笑)。それでは始めていきたいと思います。


「君をなりたい人に変えてあげるよ」と目の前に表れた神様が言われました。

突然のことで、どうしようかと悩んで、思いついたのが福山雅治さんでした。

「なりたい人との差を教えてくれたら、その通りにしてあげるよ」

確かに、神様の言うとおり、福山さんとの差を埋めたら、俺も彼のようになるなぁと思いました。


身長と体重の差はすぐに分かりました。彼の写真と私の写真を比べてパーツの違いを調べてみました。福山さんの目の形は、俺の目とは差があるな。だけども、口はあんまり変わらないな。鼻は彼の方が高いかな。どんどんと彼との差が明らかになってきて、これで福山さんと同じになるぞ! ファンがたくさんできるかもしれないぞ! とワクワクしてきました。


すべてを測り終えて神様に

「身長180cm、体重を61kgにしてください。それから目を…… 」と体つき、顔のパーツの差をすべて言うと

「それだけの差かな?」と言われて、ここで目が覚めました。今のは夢だったんです。


なんてくだらない夢なんだ! と思いました。しかし、最後の神様の言葉が気になりました。少し眠れなくなって神様の言葉をもう一度考えました。


夢の通り神様が、私を福山さんの顔や体に変えてくれた状態を想像してみました。周りの人からキャーキャー言われる状況に乗ってしまって暴飲暴食したり、不摂生したりと、せっかく変えてもらった体や顔を台無しにするような気がしました。神様がくれたチャンスを活かさないように思いました。


福山さんと私との差は、もちろん外見的なものに雲泥の差があります。しかしそれだけでしょうか?

彼の面白いトーク、作詞作曲、俳優としての才能は、もともと持っていたものではなく、努力して身につけたものでしょう。今の若々しさも努力もなしに維持できません。影での努力や苦労があったのだと思います。

神様の「それだけの差」は、福山さんと同じ外見という条件さえそろえば同じことが出来るの? と言う強烈なメッセージとなりました。


神様が、私の顔を福山雅治さんのようにしてくれたとしても、ファンの数は違っていると思いました。なぜなら才能も磨かないと光るわけではないのです。せっかく持っている華も努力なしには開かないと思います。


自分のやってきたことを振り返って見ました。毎月参加している勉強会でも似たようなことがあったことに気がつきました。


勉強会で成果を出しているAさんに、ここで学んだことをどうやって経営に生かしているのかを話をしました。Aさんは、勉強会に参加するときは、事前に予習をして、自分なりの狙いや、学習をするポイントをまとめていました。


翌日には復習し、学んだことを実践するように、スケジュールに落とし込んでいると言われました。私との取り組みの差に驚きを感じました。私は、オリンピック精神のように、勉強会に参加することに意義があると言って、勉強会へ行くことで満足していました。復習や学んだことの実践、それをスケジュールへの落とし込みなどしたことがありませんでした。


事前の課題について、Bさんは「自分は頭が良くないので、何度も読んで何とか理解しようとしています。ホント時間がかかるんですよ」と謙遜されていました。私は出された課題をこなすことが目的でした。


また、Bさんの勉強会での姿をよく観察してみると、講師の近く座っています。講師の話を漏らさずにすべて聞いて帰ろうと、しゃべっている言葉をすべてパソコンに入力されています。また、分からないことがあればすぐに質問されてました。私は後ろの席に座っています。講師の目が届きにくいので、眠たかったら目を瞑って休憩しています。不明な点があっても後から聞ければいいと思いながら、結局は質問せずに帰っています。


私は、お金持ちだからチャンスが多い。カッコいいから芸能人になれる。勉強部屋があるから勉強できるなどのように、条件が良いからいい結果が残せる。条件が悪かったら結果が良くないのは仕方がないと思い込んでいました。


もし子供のころに勉強部屋があっても勉強はしなかったと思います。神様に私の顔を福山さんの顔に変えてもらってもファンは増えないと思います。また、Aさんと同じように勉強会に参加はしていますが、結果には大きな違いがあります。Bさんのように同じように課題に取り組んでいますが、身についているものが違うと思います。家庭環境や才能が違うから結果が違うのは仕方がないと、大した努力もせずに自分を甘やかせていました。


福山さんのように持っている才能をさらに磨いている人、Aさんのように自分は頭が悪いからと言って人よりも努力されている人がいるのです。私には才能がない、条件がそろわないと理由を付けて、逃げていることに気がつきました。


人に関心を持ってもらうのは、それを伝えるための言葉、見た目、香り、映像などがあると思います。その中でも言葉というものはとても重要なものです。今回は、言葉を身に着けるために、逃げずにライティングセミナーをポチッと押しました。


しかし、これでは勉強会に参加している今までの自分と同じです。学ぶだけでは身に着けることはできません。メディアグランプリに掲載されている文章を読んで研究する。書いた文章を家族に読んでもらってアドバイスをもらう。文体を整えるために名著を書き写す。ABCユニットを考えてみるなど自分ができる努力をして、2000字を最後まで読んでもらう文章を書く能力を身につけたいと思います。



最新記事

すべて表示

短所は足切り点のようなもの

今回もライティングセミナーで合格した文章です。決してネタがなくて困っているわけではないですよ(笑)。 「長所を伸ばすことを考えるよりも明らかな欠点を隠すことだよ」と経営の師匠が言いました。 子供のころから、短所を直すことよりも、長所は伸ばすことが良いことだと思っていた私は、「え! 長所を伸ばしたらダメなの?」とびっくりしていたら、それが師匠に伝わったのでしょう。 「以前、覚せい剤で捕まった綺麗な女

人も減価償却する

今年は、本(小冊子)を書くことを重要課題としています。文章を書く技術を上げようと昨年からライティングセミナーを受講しています。毎週2000文字の文章を書く課題が与えられます。課題に対して添削をしていただけます。以下は、6回目にしてようやく合格した文章です。 「機械だけじゃなくて、人も減価償却するんだよ!」と経理の勉強をしているときに経営の師匠が言いました。 減価償却という言葉が難しいうえ、人も減価

不適切な行動の対応

前回号で、原因探しがダメなのはわかった。それじゃ具体的にどういう声掛けをしたらいいの?という質問がありました。 まずは例で考えていきたいと思います。子供が兄弟が喧嘩をしていた時に、何でケンカをしたの?とお母さんが聞けば、「お兄ちゃんが殴った」「弟がおもちゃを取った」と言うかもしれません。これだと、どっちが悪いという裁判になってしまいます。そうすると悪い方になった方は、怒ってしまって、さらに悪いこと

©2020 by 伊賀忍者MG。Wix.com で作成されました。

伊賀忍者MG

518-0467

三重県名張市赤目町相楽371

株式会社 総本家 辻

​0595-63-2664