相手の価値観を知る

前回に引き続き、価値観(認知)の話をさせていただきます。

弊社のAさんは、効率をとても大事にしています。先日、出荷でのミスがありました。X社にxの商品、Y社にyの商品を送らなければならないのに、逆にして送ってしまいました(X社へy、Y社へxを送付)。


Aさんからこの件でクレームの報告がありました。作業方法について聞いてみると「時間がないので、その日に出荷する商品を全部取ってきてから、その後、送り状を貼っていますが、それを逆に貼ったんだと思います。(まとめて作業をする)」と言いました。

「時間がないので」という言葉や「まとめて作業をする」に、「例の効率だなぁ」という思いが沸いてきました。今までの私でしたら、「なんで間違うの?としっかり確認しろよ」と怒りの感情がわいてきたと思います。だけどもAさんが大事にしていることを知っているから、Aさんの行動の筋が理解できました。Aさんは会社に貢献しようと手間をかけずにやろうとしていた。このように理解すると怒りも沸いてきません。


ここで、「効率を重視にするな!」と言いたいところですが、「対応はどうする?」と本人の意見を聞きました。そうすると「その会社ごとに商品を取ってきて、送り状を貼るようにします(一個づつ作業をする)。」と対応策を考えてくれました。

「それはいい考えだと思う。もう一つ変えてほしい、朝に出荷作業をしてくれないか?夕方は多分忙しいから注意力が下がっていると思う」というと、それは効率が悪いですと言うような返事に、とうとう私のスイッチが入りました。ここから私の大演説でした(涙)。最終的には、朝に出荷すること、会社ごとに作業をすることで合意をしました。


2週間ほどたった時に、「社長すみません。前回と同じように逆にして送ってしまいました。」とクレームの報告がAさんからありました。まず確認したことは「朝に出荷している?会社ごとに出荷している?」と聞くと「それはやっています。」と、次に「まさか前回のX社、Y社じゃないよね」と聞くと「P社とO社です」と答えました。「そりゃ、良かった。XやY社だったら、あほな会社と思われるもんな。ギリセーフやなぁ」と笑って答えました。


笑えた理由は、前回の時に、間違った作業をしたにもかかわらず、Aさんは確実性よりもまだ効率というものを大切にしているように感じたからです。(それを変えようとして大演説になりました)その価値観を大事にしている以上同じことは繰り返されると予想していて、その通りのことが起こったので笑えたのかもしれません。


さすがに二回目となるとこちらの対応策も受け入れてくれて、次からその方法でやっていくことになりました。今までの私でしたら、「仕事を覚えないダメな奴」「注意力が散漫」などAさんを批判していたように思います。Aさんの大事にしていることを知ることで、そりゃそうするかもしれないなぁとAさんの行動が理解でき、Aさんの価値観を否定することなく、Aさんの行動(効率を重視するあまりに確認が不足する)に対して対策ができました。


これは、日ごろからAさんが自分の価値観を表してくれていたおかげでできたことです。思っていても自分の意見を言わない社員さんだとこんなことはできなかったと思います。もっというと、私のサングラスで見た想像の価値観なので、よく相手を観察していきたいと思います。


最新記事

すべて表示

人も減価償却する

今年は、本(小冊子)を書くことを重要課題としています。文章を書く技術を上げようと昨年からライティングセミナーを受講しています。毎週2000文字の文章を書く課題が与えられます。課題に対して添削をしていただけます。以下は、6回目にしてようやく合格した文章です。 「機械だけじゃなくて、人も減価償却するんだよ!」と経理の勉強をしているときに経営の師匠が言いました。 減価償却という言葉が難しいうえ、人も減価

不適切な行動の対応

前回号で、原因探しがダメなのはわかった。それじゃ具体的にどういう声掛けをしたらいいの?という質問がありました。 まずは例で考えていきたいと思います。子供が兄弟が喧嘩をしていた時に、何でケンカをしたの?とお母さんが聞けば、「お兄ちゃんが殴った」「弟がおもちゃを取った」と言うかもしれません。これだと、どっちが悪いという裁判になってしまいます。そうすると悪い方になった方は、怒ってしまって、さらに悪いこと

原因探しとは自分が納得したいだけ

緊急事態宣言が延長されそうですね。現場を見てない方々の政策には思うことがありますが、言っても仕方がないことですね。 今回は「原因探し」について書いてみたいと思います。私の会社は在庫を持たない卸会社で、すべてメーカーからの直送になります。お客様からの注文を仕入先に連絡するのが主な業務になります。事務員さんが、仕入先に商品を発注する際に商品番号の転記間違いを何回かしました。事務員にさんに「どうして同じ

©2020 by 伊賀忍者MG。Wix.com で作成されました。

伊賀忍者MG

518-0467

三重県名張市赤目町相楽371

株式会社 総本家 辻

​0595-63-2664