あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年からニュースレターを発行することにしました。せっかくなのでブログにも内容をアップすることにしました。MGと直接関係はないかもしれませんが、頑張って書いていきたいと思います。「一年の計は元旦にあり」と言いますが、皆さんはどのように新年を迎えられたでしょうか?


年末に買う手帳には、来年に達成したいことを記入する欄があります。ここ数年に渡って、私はニュースレターを発行すると書いていますが、一号も発行していません。このままでは狼おじさんで終わってしまいます。さすがに、私もいい年齢になってきたので、自分との約束をキチンと守る大人になりたいじゃないですか(笑)!


そんなことを考えていると次の文章と出会いました。トイレ掃除と募金で2002年を終え、43年間で初めて勉強で新年を迎えました。また元日の朝には社員さんや友人たちとマラソン大会に出場してとても気持ちの良いスタートをきりました。これには、皆さんも知っているあるゲームが関係しているのです。


そのゲームとは「オセロゲーム」です。オセロゲームは、白と黒、のコマを置き合って、相手のコマを挟むことで相手のコマを自分の色に変えて、コマの枚数を競うゲームです。

このゲームの上手な人とやると、最初は良い戦いをしているつもりでも、終盤にゲーム盤の端にコマを置かれて、あっという間に盤上が相手の色で埋め尽くされてしまいます。

そうです。このゲームのポイントは「端」にあるのです。もしかしたら人生のポイントも、「端」をキチンと抑えるところにあるのかもしれないと思い、一年の始めと終わりに「白(プラスの行動)をおいて、その一年、その一日を全て「白」にしてしまおうという作戦なのです。


もちろん、このゲームは、人と会う始めと終わり、仕事の始めと終わりにも応用できます。

ただ漫然と一日を過ごすより「次はどんな白を置こうか?」とゲーム感覚で一日をすごすようが、一日がより楽しくなるとは思いませんか?よかったら皆さんもお試しください。

宝くじも買わないよりも買った方が期待が高まるように、人生も自分から働きかけたほうが楽しみになっていくものです。


今年も一年、きっといろいろなことがると思います。じっと良いことが起こるのを待つのではなく、自分の努力で今年一年、一日を「白」の目にしていきましょう。この考え方だと、年始に一号、年末に二号を出せば、途中発行してなくても(黒であっても)すべて白に変わると言えるかもしれません(笑)。言いたいことは全く間違っていると思いますが、私にとっては、踏み出す勇気を頂けました。振り返ってみると、私は、せっかくいただいたご縁をこちらから切るような人生を繰り返してきたように思います。それを改め頂いたご縁を大切にしていきたいと思いました。


最新記事

すべて表示

弱点にこそ人生のカギがある

「長所は伸ばしたほうがいいよ」と言われたことはないでしょうか? 何の違和感もなく、これが正しいことだと思っていました。 ある時、経営の勉強会で講師の方が、「長所を伸ばすことは確かに大事ですが、短所にこそ上手くいく鍵があります」と言われました。短所に鍵がある? 今までとは180度違う考え方に戸惑いました。 「いくら素晴らしい技術や商品の会社であっても納期が遅かったら、あるいはいつになるかよく分からな

部下の指導

部下が不適切な行動をしていたときに、ここで部下に注意をしたらいいのか?スルーして次にしようかと悩んだことはありませんか?私は部下の指導について体系的に学んだことがありませんでした。それで自分がキチンとやってないのに、部下を指導するのを躊躇することが多かったです。 先日、ある方から部下の指導の考え方を教えていただきました。その時に、私のやっていることは、上司としての責任を放棄していると言われました。