見落としがちなこと

年末に2号の発行という失態にはならずに、続けることができました(笑)。これも読者の方々からのメッセージで勇気づけらたおかげです。ありがとうございます。私は、複写はがきを書いています。複写はがきを初めたのがH21.7.24で、約10年かかかって、R1.10.17に100冊に到達しました。見直して見ると1冊目が5年かかっています(笑)。これは一か月に一枚のペースです、このペースだとハガキを書く相手を探すことなくハガキを書くことができました。自分で頑張って書いた分がすべて枚数に反映されます。


最近は一日に何枚か書くようになってきました。毎日、新しくご縁を頂くことはありません。していただいたことにお礼をするはがきもそんなに出せるわけではありません。どんどん書く相手がいなくなります。はがきが来ると枚数が稼げることにうれしくなり、すぐに返事を書くありさまです。そんなことを繰り返していると、ハガキを書かせていただく相手がいることのありがたさに気が付きました。


この見落としていた事実をハガキの師匠に書くと「ハガキを何故書くのかと尋ねた時、相手先が受け取ってくださるからこそと考えたら、丁寧に読めるように書くのが礼儀だろうと教わりました。字が下手でもゆっくりと丁寧に書けば誰でも読みやすくなります。誠意という目に見えないものは、そのような形で見えます」とお返事を頂きました。私はご縁のあった方へはがきを送ればいい。その内容が伝わればいい。というレベルでした。


例えると、お礼の贈り物をするのに、私の場合は、第一段階として、お礼に何かを送っておけばいい。次に、その商品の質さえよければいい。という感じで、師匠は、その包装紙やのしにまでこだわるという感じです。これでご縁が深まるわけがないですよね(トホホ)。

昨年、マネジメントゲーム(MG)研修で一緒に学んだ方が私よりも若くして亡くなられました。彼とはMG以外にも、環境整備や話し方講座の勉強会でもご一緒していました。亡くなるその月にも話し方講座の勉強会のメンバーと同窓会をするつもりでした。


いつでも彼とは会えると思っていましたが、もう二度と会えないこととなりました。彼から今あることが永遠に続かないことに気づかされました。私の両親、妻、子供が大きな病気もせずに健康でいてくれていること。従業員さんが会社に元気に来てくれていること、もっと言えば、自分自身で歩けること、話せることは、永遠にはつづかない。とてもありがたいことだと思いました。この今ある幸せを見落として私は当たり前の事にしていたと思いました。


もっと言えば彼らに、そのことに対してありがとうと言うこともく、自分の希望に沿わないことに文句を言ってました。当たり前がありがたいこと。本当に大事なことを気づかせていただきました。彼から教えてもらった見落としがちな幸せを大切にするためにも、このニュースレターを続けていきたいと思っています。

最新記事

すべて表示

人も減価償却する

今年は、本(小冊子)を書くことを重要課題としています。文章を書く技術を上げようと昨年からライティングセミナーを受講しています。毎週2000文字の文章を書く課題が与えられます。課題に対して添削をしていただけます。以下は、6回目にしてようやく合格した文章です。 「機械だけじゃなくて、人も減価償却するんだよ!」と経理の勉強をしているときに経営の師匠が言いました。 減価償却という言葉が難しいうえ、人も減価

不適切な行動の対応

前回号で、原因探しがダメなのはわかった。それじゃ具体的にどういう声掛けをしたらいいの?という質問がありました。 まずは例で考えていきたいと思います。子供が兄弟が喧嘩をしていた時に、何でケンカをしたの?とお母さんが聞けば、「お兄ちゃんが殴った」「弟がおもちゃを取った」と言うかもしれません。これだと、どっちが悪いという裁判になってしまいます。そうすると悪い方になった方は、怒ってしまって、さらに悪いこと

原因探しとは自分が納得したいだけ

緊急事態宣言が延長されそうですね。現場を見てない方々の政策には思うことがありますが、言っても仕方がないことですね。 今回は「原因探し」について書いてみたいと思います。私の会社は在庫を持たない卸会社で、すべてメーカーからの直送になります。お客様からの注文を仕入先に連絡するのが主な業務になります。事務員さんが、仕入先に商品を発注する際に商品番号の転記間違いを何回かしました。事務員にさんに「どうして同じ

©2020 by 伊賀忍者MG。Wix.com で作成されました。

伊賀忍者MG

518-0467

三重県名張市赤目町相楽371

株式会社 総本家 辻

​0595-63-2664