top of page

美しさの価値

コンビニ大手三社で、一店舗当たりの売上が、大きく違っていることをご存知ですか? 

会社全体の売上ではなく、それぞれ一店舗あたりの売上です。

一日の売上が一番多い会社が60万円くらい、他の二社は45万くらいなのです。


コンビニの大手三社は、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートです。今は、各社が独自の商品を開発し、差別化が図られていますね。だから違うのかと思っていました。


実は、10年前も同じだというのです。10年前のコンビニは、大手三社どこに行っても似たような商品を販売していました。建物も同じくらいの大きさ、サービスもそんなに変わりません。なのに一店舗当たりの売上は1.3倍も違うのです。


私は、三社のコンビニで商品を買ってみて、実際に体験してみました。各社が開発した商品には違いはありますが、それ以外には大差がありません。10年前から一社だけがダントツの理由は分かりませんでした。さて、一番優秀なのはどの店舗だと思いますか?そしてその理由は?答えは後です。


私は、会社を経営しています。7年前から、経営の勉強会に参加をしています。師匠としている人は、会社を20年間増収増益させました。その後、会社を売却し、今は経営コンサルタントして活躍されています。コロナ前は、毎月10日間海外旅行に行き、20日間仕事をするという生活をされていました。


その師匠から


「儲けたかったら、美しさにこだわるんだよ。身なりや会社を綺麗にするのは当たり前。ホテルに泊まったら、使った備品、ベットは綺麗にして出ていく。コンビニでトイレを借りたら、使う前よりも綺麗にするんだよ」と教えてもらいました。


儲かる理由は分かりませんでしたが、コンビニでトイレを借りると、便座や便器をトイレットペーパーで拭くことからはじめました。


何度か繰り返していると、汚いトイレの店舗と綺麗なトイレの店舗があることに気がつきました。そうです。一店舗当たりの売上の高いコンビニのトイレは綺麗なのです。


このコンビニをネットで調べてみると、「クリンリネス」と言って、清潔で気持ちいいお店にすると謳っていました。


私の中で、すべてがつながりました。


思考実験です。もし皆さんがコンビニに行って、缶コーヒーを買うとします。買おうと思っていた缶コーヒーの缶が凹んでいたとしましょう。目の前の凹んだ缶をのけて、わざわざ後ろの傷のないほうを取りませんか?中身は同じなのに、きっと凹んでない傷のない缶コーヒーを選ぶと思うのです。


また、お昼にカレーを食べよと、スーパーにレトルトカレーを買いにいったとしましょう。棚に並んだカレーが二つあって、ひとつはパッケージが凹んでいた。もう一方は傷がなかったとしましょう。家に帰ってパッケージをすぐ破って食べるのに、凹んでないほうを選びませんか?


このように人間は、同じものであったら、綺麗なほうを選ぶのだと思います。


コンビニも一緒で、同じ商品を売っているのなら、綺麗なお店のほうが選ぶのだと思います。固定客をつかむのですから、そりゃ売上が上がるはずですよね。