リーダーの武器とは?

「社長の武器は3つあるけどなんだと思う?」と経営の師匠から質問を受けました。給料と昇格の2つは浮かびましたが、3つ目が分かりませんでした。


(ここからが師匠の説明)

お金、人事、言葉が社長の武器なんだよ。この3つを上手に使いこなせる社長が会社を発展させていってるんだ。中小企業にとって、お金、人事はあまり使えるカードではないよね。だから言葉を磨くんだよ。社長やリーダーの言葉で相手(社員さん、お客さん)が動かされるのか? 言葉は営業力ともいえるよね。


社長の言葉で会社を変えたり、リーダーの言葉で部下がやる気になっているだろうか? 単に、仕事の手配をやっているだけ、管理の仕事しかしてないか? 自分で会社の形を作ったり、部下の意識を変えたりするのが社長やリーダーの仕事なんだよ。


それはお金や人事でもできるかもしれないが、言葉が一番大事だよ。社長の言葉で、会社を良くするどころか、悪い方向へ導いていないか(笑)?


会社にいると、社長や課長と言う役職と言う椅子に胡坐をかくんだよ。やっていることと言えば、ただ仕事を頼んでいるだけ。悪く言えば外注しているようなもの。社員さんにこの会社を良くしようという気持ちを沸かせているのか? そういう声掛けをやっていたのかをちょっと考えてみて。


社員さんが、この会社にかけるぞ! と思ってもらう。ここまで目指したいのに、社員さんを雇ってやったと思っている社長もいる。これじゃ敵対するしかないよね。立ち位置を間違えているんだよ。社長やリーダーは惚れられてなんぼ!もててなんぼだよ!


ところで、大恋愛した相手と結婚をした? してないよね(笑)。大恋愛をしても手をかけてないと別れることがあるということだよね。社員さんも一緒、手をかけないと関係は続かないんだよ。なのに、自分が偉そうな態度をとっていることがある。それじゃ上手く行くはずがないよね。


良い会社とは、人と人が協力して作るものなんだよ。社長と課長と社員という立場に分けて作るものではないんだよ。社長やリーダーが太陽になって、部下をやる気にさせて会社を作っていく。これ以外は、しょせん小手先の戦術だよ。


ただし、きれいごとを言ってもダメだよ。リーダーが、言ってる事とやっている事との矛盾は見られているよ。言ってることはリーダーが率先してキチンとやりきることが大事。その上で、相手をよく見て、相手の良い意図や努力、挑戦に光を与えるんだよ。そういう声掛けが大事だよ。


もっと言えば、商売の基本は、人が求めているものを提供すること。この基本がわかってなければ、戦術レベルでは何とかなっても長続きしないと思うよ。人が求めているものを知るには、人に興味を持ったり、気を遣えること。人に好かれようと思って、具体的に行動をする。このような訓練を重ねれば分かってくるよ。言葉を磨くとは、こういうことだよ。と説明をしてくれました。

(師匠の説明ここまで)


耳をふさぎたいを超えて、耳なし芳一になりたい気持ちでした(笑)。私は、自分の言いたいことを言って、やってなかったらダメ出ししてました。そのうえ、自分が言ったことを、きちんとやってない。これじゃ、うまくいくはずがないですよね。


人に興味を持って、相手が望むものを提供して、言葉を磨いていきたいと思いました。その前に、選ぶ言葉が荒いので、それをマイルドにしたいと思います(涙)。