素敵な対応

今回は、私が体験した素敵な対応を紹介させていただきます。共通の知り合いの紹介でSさんとご縁をいただきました。Sさんは秋田県でスーパーマーケットを経営されていましたが、現在リタイアをされています。数年前にバリ島でのダイビングをご一緒させていただきました。事件が最終日に起こりました。私は、Sさんが持ってられた水中カメラの写真のデータが欲しくて、Sさんにお願いをしてSDカードから私のパソコンに移動をさせました。

その後、SDカードをSさんへお返しした後に「辻さんデータが読めないよ」とおっしゃいました。びっくりして私のパソコンでも確認しましたが先ほどまで認識していたSDカードを認識しません。


やっちまった。SDカードのデータを壊してしまった。すぐにSさんに「すみません」と謝りました。「日本に帰ったら、データを救出することはできると思います。費用は請求してください。」と言いました。この後、何を言ったのかは覚えてないんですが、たぶんしつこく謝っていたんでしょう。Sさんから一言「辻さん、また一緒にバリに来たらいいんだよ。」と笑顔でおっしゃってくれました。この一言は助けられた思いでした。


データを破壊したことを一言も責めることなく、相手のことを思って、優しい言葉をかけられるのは、頭が下がる思いでした。帰国後、Sさんから小包がきていました。中に、バリでの写真集でした。とてもうれしかったです。そこに「不良だったのはマイクロSDのアダプターでした、取り替えたら問題なく読めました」とメッセージがありました(笑)。


また別の話ですが、東京出張でのことです。13時にアポイントをいただいた会社へ向かいました。電車の乗り換えがうまくいかずに、約束していた時間に間に合いそうにありませんでした。慌てながら、お客様に「13時にアポイント頂いていましたが、ちょっと遅れそうです。15分くらい遅れて到着するとは思います。すみません」と連絡をすると、先方の方からは、びっくりするお言葉が返ってきました。


たいていは、「わかりました。」と手短に返事をするか、相手を気遣って「焦らずに来てくださいね。」です。それが、「私の手帳を確認したら13時半になっていますよ。」とおっしゃるのです。私は、アポイントの時間に間違いがあったら困るので、アポイントをいただいたらすぐにお会いする日時を書いたはがきを出しています。そして自分の手帳にも記入をしています。アポイントの時間を間違うはずがないのです。


動揺しながらも「あ、そうでしたか」と手短に答えました。電話を切った後、おかげで必要以上にあわてることはないなぁという思いが沸いてきました。もし相手から「焦らずに来てください」と言われても、その言葉通りに行動はしにくいです。約束の時間に遅れている以上、少しでも早く到着しようと慌てて行動をしていたと思います。相手の素敵なウソのおかげで、少し余裕を持って行動することができました。


このような相手のことをおもんばかる素敵な対応をしていきたいと思いました。

最新記事

すべて表示

人も減価償却する

今年は、本(小冊子)を書くことを重要課題としています。文章を書く技術を上げようと昨年からライティングセミナーを受講しています。毎週2000文字の文章を書く課題が与えられます。課題に対して添削をしていただけます。以下は、6回目にしてようやく合格した文章です。 「機械だけじゃなくて、人も減価償却するんだよ!」と経理の勉強をしているときに経営の師匠が言いました。 減価償却という言葉が難しいうえ、人も減価

不適切な行動の対応

前回号で、原因探しがダメなのはわかった。それじゃ具体的にどういう声掛けをしたらいいの?という質問がありました。 まずは例で考えていきたいと思います。子供が兄弟が喧嘩をしていた時に、何でケンカをしたの?とお母さんが聞けば、「お兄ちゃんが殴った」「弟がおもちゃを取った」と言うかもしれません。これだと、どっちが悪いという裁判になってしまいます。そうすると悪い方になった方は、怒ってしまって、さらに悪いこと

原因探しとは自分が納得したいだけ

緊急事態宣言が延長されそうですね。現場を見てない方々の政策には思うことがありますが、言っても仕方がないことですね。 今回は「原因探し」について書いてみたいと思います。私の会社は在庫を持たない卸会社で、すべてメーカーからの直送になります。お客様からの注文を仕入先に連絡するのが主な業務になります。事務員さんが、仕入先に商品を発注する際に商品番号の転記間違いを何回かしました。事務員にさんに「どうして同じ

©2020 by 伊賀忍者MG。Wix.com で作成されました。

伊賀忍者MG

518-0467

三重県名張市赤目町相楽371

株式会社 総本家 辻

​0595-63-2664