微差大差

コロナウィルスの影響で人の行動が制限されるようになったり、先が見通せない不安もあり、ストレスが増えてきていると思います。そんなときだからこそ、また今日はエイプリルフールでもあるので、こんな話をさせていただきますね(笑)。


私の夢の話です。神様が目の前に表れて、「君の顔を、好きな顔に変えてあげる」と言われました。私は少し悩んで、「福山雅治にしてください」と言いました。



神様が「君の望みをかなえるために、君の目をどれだけ大きくしたら福山と同じになるのか?口をどれだけ小さくするのか、鼻を高くするのか、顔のラインをどれだけ変えるのかを測ってください。その結果を教えてくれたら、福山の顔にしてあげます。」と言われました。「確かに、神様の言うとおり、差を埋めたら、俺も福山になるなぁ」と思いました(笑)。彼の写真を見ながら、物差しで測っていたら、「福山の目の形は、俺の目は差があるな。だけども、口はあんまり変わらないな。耳はほとんど同じ、鼻は彼の方が高いかな。目の位置もそんなに変わらないし、意外と変わらないぞ」と思いました。意外と俺って福山と瓜二つと思いました(笑)。



ここで目が覚めました。



人間ですので、顔の構造は福山も私も同じです。目や鼻や口などの部位の大きさや形が少し違いますし、顔の輪郭も違います。もちろん全体のバランスが違います。そのバランスの良さ(彼の作詞作曲や話すこと俳優や歌手としての才能もありますがここでは無視します)で彼にはファンがたくさんいます。私には少しのファンしかいません(いるのか?)。個々のパーツを見ると彼とは少しの差かもしれませんが(笑)、ファンの数は雲泥の差があります。



先日ある勉強会で、参加者の人と話をしていると、勉強会に参加するときは、前日に予習をして、自分なりの狙いや、学習をするポイントをまとめ、翌日は学んだことを復習し、そしてスケジュールに落とし込んでいると言われました。私との取り組みの差に驚きを感じました。私は、オリンピック精神で、参加することに意義があると言って、勉強会へ行くことで満足していました。


よく観察してみると、事前の課題に真剣に取り組まれて自分の目的を達成するために準備をしてきている方がいる一方で私は課題をこなすことが目的でした。



また、常に講師の近くにいて、講師の話をすべて聞いて帰ろうとされる方がしました。私は後ろの方で話が聞ければいいという姿勢でした。同じように勉強会に参加はしています(同じように福山と私には目が付いています)が、その取り組みには差があります(目や口や鼻、輪郭の形や大きさに違います)。一つ一つは、小さな差かもしれませんが、効果として差が出てくると思います(ファンの差になる)。



私は複写ハガキを書いていますが、効果がベテランの方とは違うように思います。それは、受け取る人のためにハガキを書いているか?狙いを持って内容にこだわっているか?毎日書くなど、自分との約束を守り、自分を高めているか?こういう細部へのこだわりに差があると思いました。



私は、たくさんの知識を得ること(整形手術する)で、大きな成果(福山の顔)が得られると思い込んでいました。そうではなく、日々の小さな実践の積み重ね、細部へのこだわりが、良い習慣を作り、自分の行動を変えて、結果として大きな成果を得られる可能性があるのではないかと思いました。

最新記事

すべて表示

弱点にこそ人生のカギがある

「長所は伸ばしたほうがいいよ」と言われたことはないでしょうか? 何の違和感もなく、これが正しいことだと思っていました。 ある時、経営の勉強会で講師の方が、「長所を伸ばすことは確かに大事ですが、短所にこそ上手くいく鍵があります」と言われました。短所に鍵がある? 今までとは180度違う考え方に戸惑いました。 「いくら素晴らしい技術や商品の会社であっても納期が遅かったら、あるいはいつになるかよく分からな

部下の指導

部下が不適切な行動をしていたときに、ここで部下に注意をしたらいいのか?スルーして次にしようかと悩んだことはありませんか?私は部下の指導について体系的に学んだことがありませんでした。それで自分がキチンとやってないのに、部下を指導するのを躊躇することが多かったです。 先日、ある方から部下の指導の考え方を教えていただきました。その時に、私のやっていることは、上司としての責任を放棄していると言われました。