認知のゆがみ

ある社長さんから、人生を幸せと感じるのか不幸だと感じるのかは、認知(物事の見方)があると教えてもらいました。同じ出来事を経験しても、それをどう捉えるか(意味づけるか)によって、見える世界はまったく異なるというのです!


例えば、狭い道で対向車と鉢合わせになり、対向車が少し下がってくれればすれ違えるのに、相手がバックしてくれないときはどうしますか?と言われました。

そんな時、私は「どうして俺が下がらなければならないんだ!と思って、そこから下がりませんよ。」というと、辻さんには「バックしたら負けだ!」という考えがあって、自分が下がったことで「下がらさせられた(負けた)!」と感じるため、腹が立ったというのです。これは、自分が下がった事実によって腹が立ったわけではなく、自分の者の見方よって腹が立つ(不幸)になっているというのです。


同じ状況でも、もしバックして、手を挙げて相手に挨拶をすれば、「譲ってあげた(親切なことをした)」という気持ちになって腹は立たないのではないですか?と言われました。このように、同じ出来事であっても、自分の見方や対処の仕方によって、腹が立ったり優しくなれるのが人なのですとおっしゃいました。


出来事だけでなく、考え方にも影響しています。私の経験ですが、年末に街頭募金をするようになりました。きっかけは、このことを教えてくれた社長さんから、辻さんは合理的に考える癖があり、損することを嫌がる。一度、自分に得のあることよりも見返りのない街頭募金なんかをやってみたらどうだと誘われたからです。それに聞いて、そんな人が優しい人が名張に居るわけがないという考え沸いてきて、やりたくないなぁと思いました。それでも、やってみたら、小さい子供さんやおばちゃんなどが募金をしてくれました。小銭入れのお金を全部募金する学生さんがいました。想像する以上にたくさんの人が募金をしてくれました。


それまでの私は、バックしたら負けと考えているから、バックさせられたら腹が立つ(不幸)。優しい人は少ないと考えているから、募金をやりたくないわけです(冷たい人)。そう考えると、私たちが見ている世界は、自分自身の投影だと思えるのです。つまり考え方、捉え方でいろんな見え方をします。(幸せにも不幸にも、優しくも冷たくもなります。)

ところが、一旦誤ったものの見方(認知、信念)をしてしまうと、そうした多角的な見方が出来なくなってしまうのです。こうしたものの見方を「認知のゆがみ」と言われます。


この「認知のゆがみ」の面倒なところは、本人にその自覚がないことです(私でいえば、バックしたら負け、優しい人は少ないという歪んだ信念や認知)。その上、自分の考えを肯定する事実ばかりを探してしまうために(相手をバックさせる。募金している人を意識しない)実際にそういう世界に見えてしまうようです。それから逃げるためにも自分の考えと異なる事実はないかをよく見ていく必要がありますね。


これは、対人関係でもあると思います。あの人は○○な人だからとレッテルを貼りがちですが、○○なときもあり、そうでない事実もあるはずです。自分が見落としている事実をキチンと観察していきたいと思います。

最新記事

すべて表示

人も減価償却する

今年は、本(小冊子)を書くことを重要課題としています。文章を書く技術を上げようと昨年からライティングセミナーを受講しています。毎週2000文字の文章を書く課題が与えられます。課題に対して添削をしていただけます。以下は、6回目にしてようやく合格した文章です。 「機械だけじゃなくて、人も減価償却するんだよ!」と経理の勉強をしているときに経営の師匠が言いました。 減価償却という言葉が難しいうえ、人も減価

不適切な行動の対応

前回号で、原因探しがダメなのはわかった。それじゃ具体的にどういう声掛けをしたらいいの?という質問がありました。 まずは例で考えていきたいと思います。子供が兄弟が喧嘩をしていた時に、何でケンカをしたの?とお母さんが聞けば、「お兄ちゃんが殴った」「弟がおもちゃを取った」と言うかもしれません。これだと、どっちが悪いという裁判になってしまいます。そうすると悪い方になった方は、怒ってしまって、さらに悪いこと

原因探しとは自分が納得したいだけ

緊急事態宣言が延長されそうですね。現場を見てない方々の政策には思うことがありますが、言っても仕方がないことですね。 今回は「原因探し」について書いてみたいと思います。私の会社は在庫を持たない卸会社で、すべてメーカーからの直送になります。お客様からの注文を仕入先に連絡するのが主な業務になります。事務員さんが、仕入先に商品を発注する際に商品番号の転記間違いを何回かしました。事務員にさんに「どうして同じ

©2020 by 伊賀忍者MG。Wix.com で作成されました。

伊賀忍者MG

518-0467

三重県名張市赤目町相楽371

株式会社 総本家 辻

​0595-63-2664