人生の嘘

コロナ禍ではありましたが、ありがたいことに2月は、とても予定が多かったです。2月の一週目は師匠のところで勉強会、二週目はある会社での社内MG、三週目は同友会で講演。四週目はMGでした。3月の第一週が、師匠の勉強会でした。


2月の勉強会で、7つの習慣のと言う本の第2章を3月の勉強会までに、まとめると言う課題が出ました。勉強会終了後、2月はMGや講演が多いので、3月の勉強会直前に課題をやることにしました。


2月の三週目になって、ある方から3月の第一週に内定MGをやってくれませんか? と言う依頼をいただきました。師匠の勉強会を休むことになるので、かなり悩みましたが、「頼まれごとは試されごと」だと思い、引き受けることにしました。


勉強会の直前に課題をやるつもりをしていましたが、平日は出張で、金曜日は、内定者MGの資料作りとかなりタイトなスケジュールになりました。このスケジュールにしたのは自分だから、金曜日にやり切るぞという意気込みだけはありました。


木曜日の朝に師匠から「辻さんのMGの人が集まってきている理由を考えてみたらどうだろう? 辻さんの何が変わり、どうやって依頼を増やしたのか教えてもらえたら、受講しているみんなの役に立つと思います。きっと時間が経つとわからなくなると思うので、辻さんにとっても整理しておくといいと思います。」とメールが来ました。師匠のメールに、ありがたいと思うともに、課題提出2日前に追加の課題がこれですか? あなたは鬼ですか(笑)? と思いました。


木曜日の出張帰りの新幹線で、師匠からの課題に取り組み始めました。これで何とかなりそうだと思いました。


金曜日に出社すると、なんと! 販売管理ソフトに異常が発生しました。原因を突き止めるためにいろんな手を尽くしましたが、原因がわかりません。結局、再インストールすることでなんとか復旧ができました。この時点で12時でした。この後、師匠からの課題の手直しをしていると14時になりました。翌日からの内定者MGの資料作りもしなければなりません。7つの習慣をまとめると言う課題はあきらめました。


やっちゃったなぁと思いながらもこれだけ忙しかったら無理だよなぁと納得していました。その3日後に師匠のブログにこう書かれていました。


「7つの習慣」の今回のテーマは「目的をもって始める」でしたが、果たして受講生はどんな目的を持って課題に臨んだのでしょう?私(師匠)は「何を学ぶか?」も大事ですが、どれだけ本気で取り組んだかでほとんどの勝負は決まると思っています。


これまで何度も書いてきたように、経営者には「これをやりなさい!」「こんなレベルでは使い物にならない!」と言ってくれる人はいません。だから、自分のペース、自分の基準になり、それが会社の成長を止めてしまうのです。


読んでいると私のために書かれたように思いました。確かに、忙しかったのは事実ですが、課題をやるために寝ずにやったのか? と問われれば、十分に寝て、出張を頑張ったと言って、お酒まで飲んでます。


こうやって自分にもっともらしい嘘をついては甘やかしてきたんだんぁと思いました。物理的に出来ないことと、やらなかったことを混同せずに、自分への嘘を減らしていきたいと思います。


2日前の課題も私の甘さを自覚させるための試験だったのだと今では思っています。